2016年09月3日(土)

 

結婚式をハワイで行う予定。

式を大々的に開いて友人を呼ぶのも、いまさらであまりやりたくなかったので、海外で行うならこちらから招待しない理由も(相手も参加できない理由も)つくので良いと思った。

結局、参加者は両親の他は、上記ハードルをクリアした嫁の友人2人(日本人)、俺の友人2人(タイ人夫婦)だけであり、あまり気を使う事はなくて気が楽である。

しかし結婚式だが、そもそも外国で行う前提のプランなので、手を出すのが難しかろうし手配や準備はエージェントに完全お任せ状態だと思っていたのだが、それでも諸々自分ですれば安上がりになるポイントはある。

例えば、招待状、プロフィールカード、席札、料理メニュー等々。
そもそも用意する気もなかったが、今頃嫁が気にしだした。
言われてみると、俺も気になりだしたが、既に期間が足りずに金を出しても間に合わないタイミング。
仕方なしに、急遽自作する事にした。

海外のサンプルを見ると、旅行好きの人々では、パスポートと搭乗券、荷物のバッグのネームタグ、の3点セットで、招待状、メニュー、席札を作ってる人が多く、なかなか面白感じだ。
作成キットで近いものが見つけられなかったので、完全なる自作になってしまった。

デザインに関しては完全オリジナルとは行かず、いろいろな事例を組み合せてみる。
材料に関しては、用紙や印刷やコーティングその他で、プロっぽいものが自分で作れた。

コストで言うと、一般的な招待状キットは10枚作成できるもので2,3千円ぐらいであり、材料費でみると結局同じぐらいかかってしまったが、出来上がりは市販に見劣りがしない出来だとわれながら思った。。
年賀状とかウェブサイトやプライベートでふざけてグッズを作ったスキルが、こんなところで発揮された形だ。

しかし突貫で作る事になって焦った。
最初から計画すべきだった。